埼玉県さいたま市で、遺言相続・遺産相続でお悩みなら、横田・福村司法書士事務所へお任せください。

<住所>〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂4丁目4番12号
          501号室
詳しい場所はこちらから

<受付時間>8:30~18:30(事前のご連絡で、土日祝・時間外の対応可)

相談料は初回無料です。

お気軽にご相談ください

遺言の執行

遺言の執行

遺言書を作成したからといって、被相続人の死後、その内容どおりに実行してくれる人がいないと意味がありません。そこで、死亡した者の意思に従って、遺言の内容を忠実に実行する人のことを「遺言執行者」といいます。


遺言執行者は、遺言に従い、財産目録を作成したり、不動産の登記や、子の認知届、相続人の廃除の請求などを行います。遺言執行者は「未成年者」か「破産者」以外は資格制限がありません。ただし、相続人が遺言執行者になりますと、利害が絡んでくるのでなかなか進まないことが多いのです。弁護士や司法書士といった中立的な第三者を指定しておいた方が、スムーズに進むケースが多いです。

当事務所では以下のサービスを行っております。

「遺言執行者」に当方が就任して遺言執行手続きを行うサービス

「家庭裁判所への遺言執行選任申立手続き」作成代行サービス

遺言執行手続きの流れ

<遺言執行手続きサービス>

遺言者がお亡くなりになられた場合、遺言執行者として相続人全員・受遺者の方と直接お会いして、「遺言執行手続きの流れ」「執行にかかる費用や報酬」の御説明をします。

戸籍謄本などを収集して相続関係を調査・確定し、相続財産の調査後、財産目録を作成します。

「財産目録」と同時に「遺言執行者に就任したという旨の通知書」を相続人全員にお送りします。(受遺者の方にも通知書をお送りします。)

遺言の内容に沿って「不動産の名義変更」「預貯金の解約・払い戻し」などのお手続きを迅速に進めます。

お手続き終了後、相続人全員及び受遺者の方に「遺言執行が終了した旨の通知書」及び「経過報告書」をお送りします。

業務終了後、お費用の御精算となります。

 

相続発生後、実際に遺言を執行すると様々な業務があり、なかなか困難です。当事務所では、遺言執行者となった場合、遺言書を保管することはもちろんの事、相続が発生した時に遺言の執行を責任をもってやらせていただきます。

 

<遺言執行者がどのような業務を行うかの具体例>

(遺言者に借金がある状況で、)遺言書に「全財産を処分して、その処分したお金で遺言者の全債務を返済し、返済後の残金を相続人に遺贈する」旨の記載がある場合に、遺言執行者が①登記(相続登記及び買主への売買による移転登記)を行い、②売買代金から債権者への借金の返済後、③残金を相続人に遺贈する一連の業務(「清算型遺贈」といいます。)

相続財産の処分(清算型遺贈)を御検討されている方で、もっと詳しくお知りになりたい方は、こちらから⇒

 

遺言者の動産(家財道具など)を受遺者に引き渡す業務

 

遺言者の所有する預貯金の解約及び受遺者への払い戻しもしくは、受遺者名義に変更する業務

<①預貯金の解約・払戻手続きにおいて必要な書類>

(1)遺言書(2)預金通帳(3)遺言者の除籍謄本(4)遺言執行者からの払戻請求書

(5)遺言執行者の印鑑証明書(6)(家裁で遺言執行者を選任した場合)選任審判書

<②預貯金を受遺者名義に変更するのに必要な書類>

(1)遺言書(2)預金通帳(3)遺言書の除籍謄本(4)遺言執行者からの承継届出書

(5)遺言執行者・受遺者の印鑑証明書(6)(家裁で遺言執行者を選任した場合)選任審判書

ただし、①②とも金融機関によって多少異なります。


報酬は、原則として、遺産総額の1%もしくは300,000円のいずれか高い方となっております。

「遺言手続サービス」についてお知りになりたい方は、こちらから

尚、遺言執行者の指定は遺言書の中でしなければならず、単なる口頭で指名しても遺言執行者を指定したことにはなりません。また、遺言書の中で遺言執行者の指定をしていない場合もしくは、遺言執行者の指定を受けた者がいなくなってしまった場合には、家庭裁判所に申し立てれば遺言執行者を選任してもらえます。

「遺言執行者がいないもしくはいなくなったとき」の具体例

遺言書の中で、そもそも遺言執行者を指定していない

遺言書の中で遺言執行者の指定を受けた者が就任するのを拒否した

遺言書の中で遺言執行者の指定を受けた者が執行中に辞任、死亡、破産をしてしまった

 

当事務所でご相談いただいた一例として「自筆証書の遺言が見つかり、不動産を第三者に遺贈する旨の内容で、その遺言書中に遺言執行者の指定がなかったケース」があります。

この場合、登記権利者を受遺者登記義務者を遺言者の相続人全員として移転登記申請をしなければなりませんが、実際は全員の方に御協力いただけることが難しいこともあります。

そういった場合、家庭裁判所で遺言執行者選任申立を行って選任されれば、登記権利者を受遺者登記義務者を遺言執行者として相続人全員の関与なしに所有権移転登記申請も可能となります。尚、遺言執行者になれる方は、「未成年者と破産者以外」誰でも就任可能ですので、受遺者を遺言執行者として選任申立することもできます。

 

<遺言執行者選任申立手続き作成サービス>

御依頼人の方から遺言書の内容を確認させていただいた後、遺言執行者の選任方法をご案内します。

当方で申立書案を作成して再度ご確認いただきます。

確認していただいた後、当方で家庭裁判所に「遺言執行者選任申立手続き」をします。

通常、裁判所で書面で審査されます。(裁判所から質問状が送付されて書類が届いてから10日以内に回答して返送します。)

<質問事項の例>

遺言執行者選任の申立がなされた事実・遺言書の内容を知っているかどうか

遺言執行者として就任することを承諾するかどうか

遺言執行者候補者の経歴など・・

家庭裁判所で遺言執行者選任審判書が発行されます。

 

<基本報酬>作成費用は金5万円(消費税別)です。

遺言執行者の選任手続
申立人利害関係人(相続人、遺言者の債権者、遺贈を受けた者など) 
申立先遺言者の最後の住所地の家庭裁判所 
必要書類
  • 申立書 1通
  • 申立人の戸籍謄本、遺言者の戸籍(除籍)謄本 各1通
  • 遺言執行者候補者の住民票もしくは戸籍の附票 各1通
  • 利害関係を証する書面
  • 遺言書の写し 1通
必要費用執行の対象となる遺言書1通につき収入印紙800円
連絡用の郵便切手(裁判所により異なります。) 

「遺言執行者の選任手続」に関してお問い合わせのある方は、こちらから

遺言執行者に選任された人は就任を承諾する義務はありませんが、就任承諾した場合は、直ちに任務を遂行しなければなりません。(民法第1007条)
また、就任を承諾するのかはっきりしない場合には、相続人その他利害関係人は相当の期間を定めて就任承諾するのか返答するように催告できます。それでも、返答しない場合は、選任された人は就任を承諾したものとみなされます。(民法第1008条)
 
遺言執行者がある場合には、相続人は執行者の行動を妨害するような行為はできません。
(民法第1013条)
 
相続人が遺言の執行を妨害する行為をした場合、その行為は「無効」になります。(民法第1013条)これは、遺言執行者として指定された人が就任を承諾する前でも同じです。もし就任の承諾前の相続人の行為が有効であるとすると、遺言書の存在を知った相続人が遺産をいち早く処分しようとすることは容易に想像できますから、遺言者の意思を忠実に実行するためという趣旨です。

「遺言の執行」について御質問のある方は、こちらまで

お問合せはこちら

最近、多くの方からお問い合わせいただいておりますが、ほとんどの方が
「手続が分からないから依頼したいけど、どの位費用がかかってしまうのか」
という点を大変気にされているようです。

お気軽にお問合せください

そこで、当事務所では下記のお問合せについての相談料は初回無料です

  • 費用に関するお問合せ
  • 手続に関するお問合せ

お気軽にお電話・お問合せフォーム・Eメールで御相談ください。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間8:30~18:30(土日祝日を除く)

※事前にご連絡いただければ、土日祝日時間外の対応も可能

無料相談はこちら

当社へのお問合せは、お電話またはお問合せフォームよりお願いいたします。

求人情報を更新しました。こちらから⇒

お電話でのお問合せ

048-863-7163

受付時間 8:30~18:30
※事前にご連絡いただければ
土日祝日、時間外の対応も可能

登記をオンライン申請
で行ないませんか?

当事務所では、登記も積極的に「オンライン申請」で行っております。現時点でオンライン申請を導入している事務所は、まだ少ないと思われます。

オンライン申請とは?

通常、登記申請書関係を各法務局へ直接提出するというのが原則的な方法でしたが、オンライン申請ですれば、申請書以外の必要書類は郵送でも可能であるため、交通費や日当などもかかりません。

費用・報酬について

当事務所では「費用に関するお問合せ」・「手続に関するお問合せ」の相談は初回無料です。お気軽に御相談ください。

各種費用についてはこちら

事務所のご案内

福村司法書士事務所(旧横田・福村司法書士事務所)

048-863-7163

048-865-0065

yokota7@maple.ocn.ne.jp

住所

〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂4丁目4番12号501号室

お知らせ
詳しい場所はアクセス方法にてご確認ください。

営業日

月曜日~金曜日

※土日、祝日も事前に御連絡があれば可能

営業時間

8:30~18:30

※事前に御連絡があれば時間外でも可能

業務エリア

さいたま市、蕨市、川口市他